一般社団法人 香川県日本中国友好協会

当協会について

当協会1954年元綾川町長藤井賢氏を中心とし、設立されました。2015年6月29日、玉木雄一郎が新会長に就任し、役員人事を一新すると共に、一般社団法人香川県日中友好協会としました。その後現会長に引き継がれ現在に至っております。

会長挨拶

みなさん、こんにちは。  

日本と中国との関わりは古くからありますが、香川県と中国との関わりについては、密教を持ち帰った弘法大師空海と日中国交正常化時に外相だった大平正芳元首相が有名です。現在、香川県は空海の留学先であった陝西省と友好協定を結び、様々な交流を行っています。 これまで日中関係は両国の政治に大きく影響を受けてきましたが、当協会は平和的な民間交流を第一に考え、明るく楽しい活動を広げて行きたいと考えています。 趣味や仕事、あるいは私のように三国志や中華料理が好きな人も含めて、少しでも中国について興味のある方は、どうか当協会の活動に御参加くださいますようお願い申し上げます。

             一般社団法人 香川県日中友好協会 会長 山本悟史

当協会沿革:

1954年設立されました

経歴

2015年6月29日、一般社団法人として再出発